箕面銘菓、もみじの天ぷらの製造・販売・地方発送の土田商店へようこそ


ホーム
もみじの天ぷらとは?
もみじの天ぷらの作り方
商品ご紹介
ご質問
店舗ご案内
お問い合わせ
オンラインショップ
ブログ(瀧道の日々)
箕面観光情報
店長 土田知子
もみじの天ぷらを、大阪箕面で揚げ続けて80余年。
3代目を引き継ぎ、お客様のご要望・ニーズにお答えできる様、日々頑張っております。
他にはない、パリッと、サクッとしたもみじの天ぷらを是非どうぞ!!
大阪うまいもん市場
ご質問ご質問
ご質問
お客様より、よく尋ねられるご質問にお答えいたします。
Q.もみじの天ぷらは、おかずの天ぷらとは違うのですか?
A.
もみじの天ぷらとは、かりんとう風の揚げ菓子です。胡麻の香り香ばしく、ほんのりと甘い、どことなく懐かしいお菓子です。
Q.もみじの天ぷらは、おかずの天ぷらとは違うのですか?
A.
もみじの天ぷらとは、かりんとう風の揚げ菓子です。胡麻の香り香ばしく、ほんのりと甘い、どことなく懐かしいお菓子です。
Q.揚げたての熱々が美味しいのですか?
A.
揚げたては、油がまだ切れていません。十分に油をきる事にとり油っこくなく、食べた時のパリッと感も増長されます。
Q.もみじの天ぷらは、どこの店も同じ味ですか?
A.
いいえ違います。原材料の種類・配合率も異なり、揚げる時の油の温度・揚げ方・揚げた後の油のきり方により、まったく違った商品に仕上がります。
当店では、水の配合量が多いので、油切れもよく、よりパリッと、サクッとした天ぷらに仕上が
Q.もみじは秋のものなのに、天ぷらはなぜ一年中あるのですか?
A.
毎年、秋に紅葉し、落葉したもみじ葉をきれいに水洗いし樽に入れ、アク抜き・保存のため大量の塩で塩漬けにしています。
その葉を必要に時に塩抜きし使用しています。
その為、1年を通してもみじの天ぷらを製造・販売できるのです。
Q.レンジで何分温めるのですか?
A.
お菓子ですので、そのままお召し上がり下さい。
Q.賞味期限はどれ位ですか?
A.
未開封で1ヶ月です。開封後は1〜2日で食べ切って下さい。

以上、代表的なご質問についてお答えいたしましたが、その他にもご質問、ご不明な点などございましたら、お気軽に当店までお尋ね下さい。