箕面銘菓、もみじの天ぷらの製造・販売・地方発送の土田商店へようこそ


ホーム
もみじの天ぷらとは?
もみじの天ぷらの作り方
商品ご紹介
ご質問
店舗ご案内
お問い合わせ
オンラインショップ
ブログ(瀧道の日々)
箕面観光情報
店長 土田知子
もみじの天ぷらを、大阪箕面で揚げ続けて80余年。
3代目を引き継ぎ、お客様のご要望・ニーズにお答えできる様、日々頑張っております。
他にはない、パリッと、サクッとしたもみじの天ぷらを是非どうぞ!!
大阪うまいもん市場
もみじの天ぷらとはもみじの天ぷらとは? ※画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます
もみじの天ぷらとは
箕面の大滝・お猿で有名な、大阪箕面のお土産として昔から食べられている、かりんとう風味の揚げ菓子です。
実際、もみじ葉に衣をつけて油で揚げているので、もみじの形をした可愛く、風情のあるお菓子で、食べて形を崩すのがもったいないぐらいです。
ところが、食べてみてビックリ!!とっても美味しいのです。原材料は、小麦粉・砂糖・ごま・菜種油ととてもシンプル。癖のない菜種油で高温で揚げ、しっかりと油をきっているので、油で揚げているのに、油っこくありません。ごまの香りと、適度な甘さ、ついつい手が伸びる事、間違いありません。
以前食べたことがある方も、まだ食べたことがない方も、この機会に是非、当店のもみじの天ぷら(もみじのてんぷら)をご賞味ください。
もみじの天ぷら もみじの天ぷら

箕面大滝 箕面公園は明治百年記念森林公園と共に商都大阪の北部に位置し、箕面川の幽邃な渓谷美と滝ともみじと野生猿の名所として知られています。
もみじの天ぷらは約1300年前箕面山で修行していた役の行者(えんのぎょうじゃ)が五香の滝に映えたもみじの美しさを賞賛して灯明の油(菜種油)で自然の風味を生かしたもみじの天ぷらをつくり修験道場を尋ねる旅人に供されたといわれています。以来独特な製法に基づいて今日に伝えられ、更に研究を加え、精々吟味された原料と下記有名製油会社の菜種白絞油を使用し近代的風味を加味した箕面名物の唯一品であります。
もみじの天ぷらは長期保存に耐えますがお買上げ後は早めにお召上り下さい。万一包装等不備の為品質変化の場合は包装紙同封の上お買い上げの店へ御返送下さい。送料と共に代品をお送り申し上げます。

商品を購入する